スムーズコームタイプ

スムーズコームタイプとは、薬剤のボトルにコーム型のノズルをつけるタイプの白髪染めです。

白髪染め口コミランキング

スムーズコームタイプの白髪染めの手順

スムーズコームタイプとは、薬剤のボトルにコーム型のノズルをつけるタイプの白髪染めです。

ボトルを押すとコームの先端に開いた穴から薬剤が出てくる仕組みになっているため、ブラッシングの要領で手軽に染料を塗布することができます。

手で染料を塗る方法に比べ、色ムラが出にくく、表面から地肌に近い部分までしっかり染められるところが特徴です。

最近では使い勝手の良さから、スムーズコームタイプの白髪染めが多くなっています。

以下では、スムーズコームタイプを使用した白髪染めの手順を紹介します。

まずは下準備から

白髪染めを始める前にはいくつか下準備が必要です。

白髪染めに必要なアイテムを手元に揃えておくのはもちろん、身支度などをしっかり整えておきましょう。


油性クリームを塗る

白髪染めは肌についてしまうとなかなか落とすことができません。

そのため、地肌への色の定着の予防に、油性のクリームをおでこや耳周り、フェイスラインなどに塗っておきます。

油性クリームを塗っておくと、万一薬剤が肌についても、通常より簡単に洗い流すことが可能になります。


手袋の袖口に輪ゴムをつける

白髪染めには、たいていの場合ビニール製の手袋が付属しています。

薬剤が手につくのを防ぐために便利なアイテムですが、ビニール製の軽い手袋なので、使用中にはずれてしまう可能性があります。

そのため、手袋をはめた後は、手首のところに輪ゴムを通し、しっかり固定しておきましょう。


アクセサリー類ははずし、メガネにはラップを巻く

白髪染めの前には、イヤリングやネックレス、ピアスなど、顔周りにつけているアクセサリーは、色移り防止のためにすべてはずします。

ただ、視力矯正のためにメガネをかけている人は、メガネをはずすわけにいかないので、汚れ防止のためにつるの部分にラップを巻くとよいでしょう。


ケープなど、前開きの衣類を着用する

白髪染めを使用した後は、そのまま洗髪に入ります。

そのため、頭を通さなくても脱げるような前開きの衣類を着用します。

もちろん、汚れ防止のために、専用のケープや汚れてもいい衣類を選ぶようにしましょう。

ステップ1.染料剤を作る

白髪染めの1剤と2剤を混ぜ合わせ、染料剤を作ります。

作り方については付属の取扱説明書をよく確認しましょう。

白髪染めは作り置きできないので、必ず使用直前に混ぜ合わせるようにします。

1剤と2剤を混ぜ合わせて混合液を作ったら、フタをしっかり閉め、ボトルを縦によく振ります。

このとき、間違ってコームノズルをつけてしまうと、振ったときに薬剤が飛び散ります。必ずボトルキャップでフタをしましょう。

混合液をよく混ぜ合わせたら、フタを外し、コームノズルを装着します。

ステップ2.髪に染料を塗布する

混合液ができあがったら、髪にムラなく塗りつけていきます。

混合液を出す

混合液はボトルを上向きにし、軽く押すとコームの先端の穴から薬剤が出てきます。

あまり力任せに押すと薬剤が出過ぎてしまうので、写真くらいの量を目安に力加減を調節しましょう。

生え際→分け目と塗り始める

まず、白髪が目立つ生え際から塗り始めます。

コームは地肌に対して垂直に立てると肌を傷つけやすくなるので、心持ちななめに寝かせるようにして塗っていきます。根本にもしっかり塗れるようになるので、一石二鳥です。

次に、分け目に塗っていきます。分け目が見えやすいよう、頭を下げ、鏡に分け目が映るようにするとムラなく塗ることができます。また、利き手の逆側から塗り始めると、最終的に腕の汚れを防ぐことができます。

前髪、サイドライン、えり足に塗る

前髪やサイドラインを塗る時は、コームの先端で髪を分け、もう片方の手で髪を押さえながら少しずつ塗っていくと塗り残しをなくせます。

耳の後ろやえり足は見えにくい部分なので忘れがちですが、髪をアップにまとめる時のために、しっかり塗っておきます。

後頭部、毛先に塗る

後頭部は鏡で見えにくい分、塗り残しが出やすい箇所です。スムーズコームで真ん中から半分に髪を分け、片方ずつ、たっぷりと混合液を塗っていきましょう。

最後に、毛先に塗っていきます。毛先に塗る時は混合液が飛び散りやすいので、もう片方の手を添えながら、ゆっくりとなじませていきます。一度にたっぷりつけると液だれの原因になりますので、少量ずつつけていくようにします。

ステップ3.所定の時間だけ放置する

一通り塗り終わったら、スムーズコームでもう一度髪全体に混合液をなじませます。

全体に混合液をなじませ、気になる部分に再度塗る

まず、縦・横・ななめといろいろな方向に向かって髪をなでるようにとかしていきます。こうすることで、髪全体にムラなく混合液がなじみ、塗り残しを防ぐことができます。

全体をとかし終えたら、白髪が特に多い生え際などにもう一度混合液を塗ります。

そのまましばらく待つ

髪全体に混合液をなじませたら、付属の説明書に記載されている所定の時間分だけ放置します。

放置時間に関しては、気温や髪質によって微妙に異なるので、説明書の注意事項をよく読んでおきましょう。

また、先に塗り始めたところは、それだけ放置時間も他の部位より長くなっています。

多くの説明書にはトータル的な所要時間が記載されています。丁寧に塗るのは基本ですが、あまり時間をかけすぎると所要時間をオーバーし、仕上がりに影響してしまうので注意しましょう。

ステップ4.シャンプーで洗い流す

所定の時間放置したら、混合液をきれいに洗い流します。

まずはお湯だけでしっかりすすぐ

まず、お湯だけで混合液を流していきます。すすぎ湯に混合液の色が出なくなり、透明なお湯になるまでが目安です。すすぎをしっかりしないと混合液が残ってしまうので注意しましょう。

シャンプーで洗い、コンディショナーで整える

すすぎ終えたら、シャンプー液をつけます。白髪染めを行った後の髪は、キューティクルが開いていて、非常に傷みやすくなっています。摩擦には気をつけ、いつも以上に優しく洗うようにしましょう。

シャンプー液を流したら、弱酸性のコンディショナーやトリートメントで開いたキューティクルを元に戻します。髪が完全に弱酸性に戻るには時間がかかるので、しばらくの間は弱酸性のコンディショナーとトリートメントでケアするようにしましょう。

水分を拭き取る時はこすらずに

洗髪が終わったら、清潔なタオルで髪をはさみ、ポンポンと軽く叩くようにして水分を吸い取ります。ごしごしと拭いてしまうと摩擦によって髪が傷んでしまうので、なるべく刺激を与えないよう、押さえるようにして拭くのがポイントです。

PAGE TOP
人気1位 利尻ヘアカラートリートメント 人気2位 レフィーネ 人気3位
RKヘアカラートリートメント レフィーネ ピュアハーバルヘアカラー100
白髪染めの基礎知識
白髪染めの種類
白髪染めの選び方
色・カラーの選び方
白髪染めは安全?
白髪染めのしくみ
白髪染めの実践
白髪染めの前に揃えるもの
パッチテストを必ずしよう
白髪染めのカラーガイド
部分染めと全体染め 使い分け
白髪染め後のシャンプー
生え際の白髪染め
男性の白髪染め
白髪染めの手順
スムーズコームタイプ
クシ型ノズルタイプ
ノズルタイプ
ワンプッシュタイプ
クリームタイプ
白髪のQ&A
白髪の原因は?
白髪の予防方法は?
白髪は抜くと増える?
白髪染めは髪を傷める?
妊娠中の白髪染めは大丈夫?
白髪染めは肝臓を痛めるの?
白髪に効くツボは?
製品一覧
利尻ヘアカラートリートメント
レフィーネ
ルプルプ
モーニング・レフィーネ
くろめヘアカラートリートメント
エフキュア
ピュアハーバル100
サンカラーマックス
黒耀
螺髪
カラー・ド・ボーテ
いつまでも黒髪サプリ
髪精丸α
サイト案内
お問い合わせ