ワンプッシュタイプ

ワンプッシュタイプとは、その名の通り、ボトルをワンプッシュするだけで混合液が出てくるタイプの白髪染めです。

白髪染め口コミランキング

ワンプッシュタイプの白髪染めの手順

ワンプッシュタイプとは、その名の通り、ボトルをワンプッシュするだけで混合液が出てくるタイプの白髪染めです。

ワンプッシュタイプの白髪染めにはたいてい専用のクシが付属されており、クシの上に混合液を出してから、ブラッシングの要領で髪に塗布していきます。

スムーズコームタイプやクシ型ノズルタイプと似ていますが、ワンプッシュタイプに付属されているクシはコームタイプとブラシタイプの2機能を併せ持っているものが多く、塗布する部位によって使い分けられるところが特徴となっています。

また、他の白髪染めに比べ、最初からボトルに混合液がつまっているので、自分で1剤と2剤を混ぜ合わせる必要がありません。

その便利さから、近年注目を集めているタイプとなっています。

以下では、ワンプッシュタイプを使用した白髪染めの手順を紹介します。

まずは下準備から

白髪染めを始める前にはいくつか下準備が必要です。

白髪染めに必要なアイテムを手元に揃えておくのはもちろん、身支度などをしっかり整えておきましょう。


油性クリームを塗る

白髪染めは肌についてしまうとなかなか落とすことができません。

そのため、地肌への色の定着の予防に、油性のクリームをおでこや耳周り、フェイスラインなどに塗っておきます。

油性クリームを塗っておくと、万一薬剤が肌についても、通常より簡単に洗い流すことが可能になります。


手袋の袖口に輪ゴムをつける

白髪染めには、たいていの場合ビニール製の手袋が付属しています。

薬剤が手につくのを防ぐために便利なアイテムですが、ビニール製の軽い手袋なので、使用中にはずれてしまう可能性があります。

そのため、手袋をはめた後は、手首のところに輪ゴムを通し、しっかり固定しておきましょう。


アクセサリー類ははずし、メガネにはラップを巻く

白髪染めの前には、イヤリングやネックレス、ピアスなど、顔周りにつけているアクセサリーは、色移り防止のためにすべてはずします。

ただ、視力矯正のためにメガネをかけている人は、メガネをはずすわけにいかないので、汚れ防止のためにつるの部分にラップを巻くとよいでしょう。


ケープなど、前開きの衣類を着用する

白髪染めを使用した後は、そのまま洗髪に入ります。

そのため、頭を通さなくても脱げるような前開きの衣類を着用します。

もちろん、汚れ防止のために、専用のケープや汚れてもいい衣類を選ぶようにしましょう。

ステップ1.髪に染料を塗布する

混合液を出す

ボトルをワンプッシュすると、ちょうど適量の混合液が出てきます。

混合液は付属のブラシタイプの上に取ります。多くのブラシの場合、写真のように中央部に突起がなく、フラットな状態になっているので、ちょうどそこを埋めるように混合液を乗せます。

この分量で使っていくと、ボトル1本で大体15回ほどプッシュできます。

白髪の目立つ生え際から塗る

生え際は最も白髪が目立つ部位なので、放置時間を長めに取るために、一番先に塗り始めます。

根本から毛先に向かってブラシを動かし、ムラなく混合液を塗布します。(3プッシュ)

次に、分け目に沿ってブラシを動かします。分け目は見にくいですが、感覚で塗っていくと色ムラが出やすいので、頭を少し下げ、鏡を確認しながら塗っていくようにしましょう。

汚れ防止のために、利き手とは逆側の髪から塗っていくことをおすすめします。(2プッシュ)

サイドライン、えり足へと塗る

サイドラインやえり足は、上になる髪を持ち上げ、内部にまでしっかり染料を塗っていきます。(3プッシュ)

裏側まで塗るのは手間がかかりますが、髪をアップにしたときに白髪が目立つことを考えると、念入りに塗っておいた方がよいでしょう。

サイドラインは耳に液だれしやすいので、あまりたっぷり混合液を乗せないように注意しましょう。

分け目を変え、前頭部にかけて塗っていく

サイドから前頭部にかけては、こまめに分け目を変えながら塗っていきます。

毛束を片方の手で持ち、そこからブラシを引っ張っていくと分け目が簡単につきやすくなります。

分け目を中心とし、左右に混合液をしっかり塗っていきましょう。(2プッシュ)

後頭部を塗る

後頭部も分け目をその都度変えながら細かく塗っていきます。(2プッシュ)

特に毛量の多い人は、髪を上下にわけ、まず下半分を塗ってから、残りの上半分を塗るとまんべんなく塗布することができます。

ステップ2.指定の時間まで放置する

気になる部分は二度塗りを

最後の仕上げとして、髪全体をクシ部分でまんべんなくとかしていきます。ブラシとコームが一体化したクシが付属されていた場合、クシの部分を使って念入りにとかしていきます。

このとき、とかす方向をいろいろ変えると、髪全体に混合液がなじみやすくなります。

全体になじませたら、残った混合液を、最初に塗り始めた生え際部分などにもう一度塗り直していきます。

所定の時間までしばらく待つ

混合液を塗布し終えたら、しばらくそのまま放置します。

商品によって待ち時間が異なる場合があるので、放置時間に関しては説明書をよく読んで確認しましょう。

ステップ3.シャンプーで洗い流す

シャンプーの前に予洗いを

シャンプーをする前に、まずぬるま湯でしっかり予洗いを行います。

混合液がたっぷりついた髪にシャンプー液をつけても、しっかり洗い落とすことはできません。

まずはすすぎ湯が透明になるまでしっかり洗い流しましょう。

シャンプーは優しくていねいに

混合液が残っていると、頭皮や髪に負担をかけるだけでなく、枕やシーツ、タオル、衣類などに色移りする可能性があります。

1度だけでは不安が残るので、シャンプーは念入りに2回行いましょう。

白髪染め後の髪はとてもデリケートな状態なので、こすり洗いはせず、優しくていねいに洗っていきます。

シャンプー後は、弱酸性のコンディショナーとトリートメントで髪の状態を整えます。

白髪染めによってアルカリ性になった髪はすぐに酸性には戻らないので、しばらくは弱酸性のヘアケア用品を使い続けることをおすすめします。

タオルの使い方も注意

シャンプーを終えたら、清潔なタオルで水分を拭き取ります。

このとき、タオルでゴシゴシこすると、髪が傷む原因になります。

濡れた髪はタオルではさみ、軽く叩きながら乾かすようにしましょう。

PAGE TOP
人気1位 利尻ヘアカラートリートメント 人気2位 レフィーネ 人気3位
RKヘアカラートリートメント レフィーネ ピュアハーバルヘアカラー100
白髪染めの基礎知識
白髪染めの種類
白髪染めの選び方
色・カラーの選び方
白髪染めは安全?
白髪染めのしくみ
白髪染めの実践
白髪染めの前に揃えるもの
パッチテストを必ずしよう
白髪染めのカラーガイド
部分染めと全体染め 使い分け
白髪染め後のシャンプー
生え際の白髪染め
男性の白髪染め
白髪染めの手順
スムーズコームタイプ
クシ型ノズルタイプ
ノズルタイプ
ワンプッシュタイプ
クリームタイプ
白髪のQ&A
白髪の原因は?
白髪の予防方法は?
白髪は抜くと増える?
白髪染めは髪を傷める?
妊娠中の白髪染めは大丈夫?
白髪染めは肝臓を痛めるの?
白髪に効くツボは?
製品一覧
利尻ヘアカラートリートメント
レフィーネ
ルプルプ
モーニング・レフィーネ
くろめヘアカラートリートメント
エフキュア
ピュアハーバル100
サンカラーマックス
黒耀
螺髪
カラー・ド・ボーテ
いつまでも黒髪サプリ
髪精丸α
サイト案内
お問い合わせ