ノズルタイプ

ノズルタイプは、先細りのノズルから直接頭に混合液をのせ、手で伸ばして塗っていくタイプの白髪染めです。

白髪染め口コミランキング

ノズルタイプの白髪染めの手順

ノズルタイプは、先細りのノズルから直接頭に混合液をのせ、手で伸ばして塗っていくタイプの白髪染めです。

現在はスムーズコームタイプやクシ型ノズルタイプが主流となり、ノズルタイプはあまり見かけなくなりましたが、コームやクシはかえって使いづらい!という人からは根強い人気を誇っています。

白髪の多い場所に一度にたっぷりつけたい時はノズルタイプの白髪染めがおすすめです。

以下では、ノズルタイプを使用した白髪染めの手順を紹介します。

まずは下準備から

白髪染めを始める前にはいくつか下準備が必要です。

白髪染めに必要なアイテムを手元に揃えておくのはもちろん、身支度などをしっかり整えておきましょう。


油性クリームを塗る

白髪染めは肌についてしまうとなかなか落とすことができません。

そのため、地肌への色の定着の予防に、油性のクリームをおでこや耳周り、フェイスラインなどに塗っておきます。

油性クリームを塗っておくと、万一薬剤が肌についても、通常より簡単に洗い流すことが可能になります。


手袋の袖口に輪ゴムをつける

白髪染めには、たいていの場合ビニール製の手袋が付属しています。

薬剤が手につくのを防ぐために便利なアイテムですが、ビニール製の軽い手袋なので、使用中にはずれてしまう可能性があります。

そのため、手袋をはめた後は、手首のところに輪ゴムを通し、しっかり固定しておきましょう。


アクセサリー類ははずし、メガネにはラップを巻く

白髪染めの前には、イヤリングやネックレス、ピアスなど、顔周りにつけているアクセサリーは、色移り防止のためにすべてはずします。

ただ、視力矯正のためにメガネをかけている人は、メガネをはずすわけにいかないので、汚れ防止のためにつるの部分にラップを巻くとよいでしょう。


ケープなど、前開きの衣類を着用する

白髪染めを使用した後は、そのまま洗髪に入ります。

そのため、頭を通さなくても脱げるような前開きの衣類を着用します。

もちろん、汚れ防止のために、専用のケープや汚れてもいい衣類を選ぶようにしましょう。

ステップ1.染料剤を作る

白髪染めの1剤と2剤を混ぜ合わせ、染料剤を作ります。

基本的に、ただボトルに入れて混ぜるだけなのですが、汚れ防止のため、必ず手袋を着用してから作りましょう。

作り方については付属の取扱説明書をよく確認することが大切です。

また、白髪染めは作り置きできないので、必ず使用直前に混ぜ合わせるようにしましょう。

1剤と2剤をボトルに入れて混合液を作ったら、キャップ式のフタをしっかり閉め、ボトルを上下によく振ります。

このとき、誤ってノズルをつけてしまうと、振ったときに薬剤が飛び散ります。必ずボトルキャップでフタをしましょう。

混合液をよく混ぜ合わせたら、フタを外し、専用のノズルを装着します。

ステップ2.髪に染料を塗布する

混合液ができあがったら、さっそく髪にムラなく塗っていきます。

混合液を出す

混合液はボトルを下向きにし、軽く押すとノズルの先端から薬剤が出てきます。

あまり力任せに押すと薬剤が出過ぎてしまい、液だれの原因になるので注意しましょう。

生え際と分け目を中心に塗っていく

白髪は生え際部分が最も目立つので、まずは生え際から混合液を塗っていきます。

混合液を生え際に沿って乗せていき、その後、手で生え際のぎりぎりまで塗布していきます。このとき、液だれすると目に入るおそれがあるので、混合液は出し過ぎに注意し、少量ずつ乗せていくようにしましょう。

生え際の次は分け目に塗っていきます。アゴを引くと、鏡に分け目が映るので、目で確認しながら慎重に塗っていきます。

混合液は鼻筋から頭部を二分割し、左右に分けて塗っていくのが基本ですが、塗り始めは利き手と反対側の頭部から行うようにすると、腕が汚れずに済みます。

前髪とサイドライン、えり足に塗っていく

前髪やサイドラインを塗る時は、まず根本に混合液を乗せ、手で毛先まで伸ばすようにして塗っていきます。

耳の後ろやえり足はもう片方の手で髪を持ち上げ、内側までまんべんなく塗るように心がけます。この部分は最も塗りにくいので、塗り残しが出やすいです。他の部位よりさらに念入りに塗布するようにしましょう。

後頭部と毛先に塗っていく

後頭部は目で確認できないので、特に色ムラになりやすい部分です。効果的な塗り方としては、混合液で数本の線を描くように塗布してから、手のひらで毛先に向かってゆっくりと伸ばしていくと、一度に広範囲の髪をカバーすることができます。

後頭部の後は、毛先に混合液を塗っていきます。毛先に塗る時は特に液だれしやすいので、指と指で軽くはさみ、毛先に向かって伸ばしていきましょう。

ステップ3.所定の時間だけ放置する

全体的に塗り終わったら、最後の仕上げに入ります。

白髪の多い部分は二度塗りする

まずは、目の粗いクシなどで髪をとかし、全体的に混合液をなじませます。上から下に向けてだけでなく、前頭部から後頭部へ、おでこから頭頂部へと、いろいろな方向からとかしていくと色ムラが発生しにくくなります。

そして最後に、特に白髪が多い部分を重点的に二度塗りします。

塗りおえたら、しばらく待つ

混合液を塗りおえたら、その白髪染めの説明書に記載されている所定の時間まで放置します。

放置時間は髪質や気温などによって微調整することが可能ですが、所定の時間を大幅に超えるとトラブルのもとになります。長くても+5分程度にとどめておきましょう。

また、待っている間、髪からの液だれを防ぐために、ロングヘアの人はクリップなどで後ろ髪をアップにしておくと汚れ防止に役立ちます。

ステップ4.シャンプーで洗い流す

所定の時間が経過したら、すみやかにシャンプーで混合液を洗い流します。

ぬるま湯でしっかりすすぐ

最初からシャンプーを使っても、混合液をしっかり落とすことはできません。

まずはぬるま湯で混合液をしっかり洗い流していきます。

すすぎ続けると、やがてすすぎ湯から染料の色がなくなり、元の透明な水に戻りますので、そうしたら次のステップへと進みます。

シャンプーは念入りに

白髪染め直後の髪は、アルカリ剤によってキューティクルが開いた状態になっています。

キューティクルは本来、髪を保護する役割を担っていますが、開いた状態だとバリア機能が働きません。

そのため、白髪染め直後は、いつもより髪同士の摩擦に気をつけ、キューティクルを傷つけないように注意する必要があります。

また、シャンプーは念には念を入れて2回行います。どちらも優しく、丁寧に洗っていきましょう。

その後、コンディショナーやトリートメントで優しく髪をいたわります。

使用するコンディショナーは、ヘアカラー用の弱酸性製品がおすすめです。開いたキューティクルを元に戻し、アルカリ性になっていた髪を弱酸性に戻すことができます。

洗髪後もいたわりを忘れない

濡れた髪の水分を拭き取る時、タオルではさんでこするのは絶対NGです。髪同士が摩擦を起こし、毛羽立ったキューティクルがはがれ落ちてしまう原因となります。

濡れた髪はタオルで優しくはさみ、軽く叩きながら水分を吸い取るようにしましょう。

PAGE TOP
人気1位 利尻ヘアカラートリートメント 人気2位 レフィーネ 人気3位
RKヘアカラートリートメント レフィーネ ピュアハーバルヘアカラー100
白髪染めの基礎知識
白髪染めの種類
白髪染めの選び方
色・カラーの選び方
白髪染めは安全?
白髪染めのしくみ
白髪染めの実践
白髪染めの前に揃えるもの
パッチテストを必ずしよう
白髪染めのカラーガイド
部分染めと全体染め 使い分け
白髪染め後のシャンプー
生え際の白髪染め
男性の白髪染め
白髪染めの手順
スムーズコームタイプ
クシ型ノズルタイプ
ノズルタイプ
ワンプッシュタイプ
クリームタイプ
白髪のQ&A
白髪の原因は?
白髪の予防方法は?
白髪は抜くと増える?
白髪染めは髪を傷める?
妊娠中の白髪染めは大丈夫?
白髪染めは肝臓を痛めるの?
白髪に効くツボは?
製品一覧
利尻ヘアカラートリートメント
レフィーネ
ルプルプ
モーニング・レフィーネ
くろめヘアカラートリートメント
エフキュア
ピュアハーバル100
サンカラーマックス
黒耀
螺髪
カラー・ド・ボーテ
いつまでも黒髪サプリ
髪精丸α
サイト案内
お問い合わせ