クシ型ノズルタイプ

クシ型ノズルタイプとは、薬剤のボトルにクシ型のノズルがついたタイプの白髪染めです。

白髪染め口コミランキング

クシ型ノズルタイプの白髪染めの手順

クシ型ノズルタイプとは、薬剤のボトルにクシ型のノズルがついたタイプの白髪染めです。

ボトルを押すとクシの先端に開いた穴から混合液が出てくるので、そのまま髪をとかすように塗っていくことができます。

スムーズコームタイプの白髪染めに似ていますが、スムーズコームタイプはボトルを横向きに使用するのに対し、クシ型はボトルを逆さに持って使用します。

ノズルの先端がボトルに対して垂直につけられているので、逆さにして軽く押すだけでスムーズに混合液が出てくるところが特徴です。

以下では、クシ型ノズルタイプを使用した白髪染めの手順を紹介します。

まずは下準備から

白髪染めを始める前にはいくつか下準備が必要です。

白髪染めに必要なアイテムを手元に揃えておくのはもちろん、身支度などをしっかり整えておきましょう。


油性クリームを塗る

白髪染めは肌についてしまうとなかなか落とすことができません。

そのため、地肌への色の定着の予防に、油性のクリームをおでこや耳周り、フェイスラインなどに塗っておきます。

油性クリームを塗っておくと、万一薬剤が肌についても、通常より簡単に洗い流すことが可能になります。


手袋の袖口に輪ゴムをつける

白髪染めには、たいていの場合ビニール製の手袋が付属しています。

薬剤が手につくのを防ぐために便利なアイテムですが、ビニール製の軽い手袋なので、使用中にはずれてしまう可能性があります。

そのため、手袋をはめた後は、手首のところに輪ゴムを通し、しっかり固定しておきましょう。


アクセサリー類ははずし、メガネにはラップを巻く

白髪染めの前には、イヤリングやネックレス、ピアスなど、顔周りにつけているアクセサリーは、色移り防止のためにすべてはずします。

ただ、視力矯正のためにメガネをかけている人は、メガネをはずすわけにいかないので、汚れ防止のためにつるの部分にラップを巻くとよいでしょう。


ケープなど、前開きの衣類を着用する

白髪染めを使用した後は、そのまま洗髪に入ります。

そのため、頭を通さなくても脱げるような前開きの衣類を着用します。

もちろん、汚れ防止のために、専用のケープや汚れてもいい衣類を選ぶようにしましょう。

ステップ1.染料剤を作る

白髪染めの1剤と2剤を混ぜ合わせ、染料剤を作ります。

染料剤を作るときでも、必ず手袋は着用します。

作り方については付属の取扱説明書をよく確認しましょう。

白髪染めは作り置きできないので、必ず使用直前に混ぜ合わせるようにします。

1剤と2剤を混ぜ合わせて混合液を作ったら、フタをしっかり閉め、ボトルを縦に20回ほどよく振ります。

このとき、間違ってクシ型ノズルをつけてしまうと、振ったときに薬剤が飛び散ります。必ずボトルキャップでフタをしましょう。

混合液をよく混ぜ合わせたら、フタを外し、クシ型ノズルを装着します。

ステップ2.髪に染料を塗布する

混合液ができあがったら、髪にムラなく塗りつけていきます。

混合液を出す

混合液はボトルを下向きにし、軽く押すとクシの先端の穴から薬剤が出てきます。

あまり力任せに押すと薬剤が出過ぎてしまうので、写真くらいの量を目安に力加減を調節しましょう。

生え際と分け目に塗る

まず、白髪が目立つ生え際から塗り始めます。

クシは地肌に対してななめに寝かせるようにして塗っていきます。こうすることで、根本にもしっかり塗れるようになります。

生え際が終わったら、分け目に塗っていきます。このとき、分け目が見えやすいように頭を下げると、鏡で分け目を確認しながら塗っていくことができます。

また、塗り始めは利き手の逆側からがおすすめです。右利きの場合、右側から塗ってしまうと、左側を塗る際にどうしても腕が右側頭部に当たりやすくなり、汚れてしまうからです。右利きなら左側から、左利きなら右側から塗るようにしましょう。

前髪、サイドライン、えり足に塗る

前髪やサイドラインを塗る時は、クシで髪をかきあげるようにしながら丁寧に塗っていきます。

耳の後ろやえり足はもう片方の手で髪を持ち上げ、下から上へと塗っていきましょう。作業しにくい場所ですが、髪をアップにした時の美しさが違います。なるべく丁寧に塗りましょう。

後頭部、毛先に塗る

後頭部は鏡で確認しにくい分、色ムラが出やすい部位です。クシで真ん中から半分に髪を分け、片側ずつじっくり塗布していきましょう。髪の量も一番多いところなので、混合液はたっぷりと使います。

そして最後は毛先に塗っていきます。毛先に塗る時は特に液だれしやすいので、もう片方の手を添えながら、滑らせるように塗りましょう。

ステップ3.所定の時間だけ放置する

全体的に塗り終わったら、クシで再度髪全体に混合液をなじませます。

気になる部分はもう一度塗る

まずは、クシで頭髪全体をとかしていきます。一方向だけでなく、縦・横・ななめと、あらゆる方向に向けてとかしていきましょう。こうすることで、色ムラを防ぐことができます。

一通りとかしたら、特に気になる部分(生え際など)に混合液を重ね塗りします。

しばらく待つ

まんべんなく混合液を塗布したら、説明書に記載されている分だけしばらく待ちます。

放置する時間は、基本的には説明書に記載されている通りです。しかし、気温や髪質によって仕上がり具合が変わってきますので、自分の髪質や現在の気温をトータルで考えて微調整すると理想に近い色合いになります。

ただし、あまり長い時間放置すると、頭皮や髪に負担をかけるだけでなく、仕上がりの色がガラっと変わってしまいます。

初めての場合は、まず説明書通りに放置し、もしあまり染まらなかった場合は、次回以降、少しずつ調整していくとよいでしょう

ステップ4.シャンプーで洗い流す

待ち時間を終えたら、混合液をきれいに洗い流します。

シャワーでしっかりすすぐ

いきなりシャンプー液をつけたりせず、まずはお湯だけで混合液をしっかり流していきましょう。すすいでいると、水と一緒に染料が流れていくので、大体落ちたかどうかはすすぎ湯の色で判断することができます。このすすぎを怠ると、頭皮や髪に混合液が残ってしまい、トラブルの原因となりますので注意しましょう。

シャンプーは2度洗いが基本

すすぎ湯に色がつかなくなったら、次はシャンプーに移ります。シャンプーの仕方は基本的にいつもと変わりませんが、白髪染め直後の髪は、キューティクルが開いていて、とても傷みやすくなっています。よって、シャンプーは念入りに、優しく洗うよう心がけます。

シャンプーは1度流したら、念のためもう一度最初から洗い直します。ちょっと手間ですが、2度洗いすることで、徹底的に染料剤を洗い流すことが出来ます。

2度目のシャンプー液を流したら、コンディショナーやトリートメントでヘアケアを行います。開いたキューティクルを元に戻すには、弱酸性のヘアケア商品を使用するのがおすすめです。ヘアカラー用のコンディショナーやトリートメントはたいてい弱酸性になっているので、白髪染めで負担のかかった髪をいたわるためにも、ヘアカラー用のヘアケア用品を使用するようにしましょう。

タオルドライは優しく

シャンプーを終えたら、清潔なタオルで水分を拭き取ります。このとき、ゴシゴシと強くこするようにして拭き取ると、摩擦で髪が傷んでしまいます。タオルドライの際は、髪をタオルではさむように包み込み、上から軽く叩くようにして水分を拭き取るようにしましょう。

PAGE TOP
人気1位 利尻ヘアカラートリートメント 人気2位 レフィーネ 人気3位
RKヘアカラートリートメント レフィーネ ピュアハーバルヘアカラー100
白髪染めの基礎知識
白髪染めの種類
白髪染めの選び方
色・カラーの選び方
白髪染めは安全?
白髪染めのしくみ
白髪染めの実践
白髪染めの前に揃えるもの
パッチテストを必ずしよう
白髪染めのカラーガイド
部分染めと全体染め 使い分け
白髪染め後のシャンプー
生え際の白髪染め
男性の白髪染め
白髪染めの手順
スムーズコームタイプ
クシ型ノズルタイプ
ノズルタイプ
ワンプッシュタイプ
クリームタイプ
白髪のQ&A
白髪の原因は?
白髪の予防方法は?
白髪は抜くと増える?
白髪染めは髪を傷める?
妊娠中の白髪染めは大丈夫?
白髪染めは肝臓を痛めるの?
白髪に効くツボは?
製品一覧
利尻ヘアカラートリートメント
レフィーネ
ルプルプ
モーニング・レフィーネ
くろめヘアカラートリートメント
エフキュア
ピュアハーバル100
サンカラーマックス
黒耀
螺髪
カラー・ド・ボーテ
いつまでも黒髪サプリ
髪精丸α
サイト案内
お問い合わせ