クリームタイプ

クリームタイプは、新しく生えてきた生え際などのリタッチに適した白髪染めです。

白髪染め口コミランキング

クリームタイプの白髪染めの手順

クリームタイプは、新しく生えてきた生え際などのリタッチに適した白髪染めです。

液状タイプやジェルタイプに比べて液だれしにくいため、気になる部分だけに塗って染めることができます。

他の白髪染め同様、1剤と2剤を混ぜて作りますが、

以下では、クリームタイプを使用した部分染めの手順を紹介します。

まずは下準備から

白髪染めを始める前にはいくつか下準備が必要です。

白髪染めに必要なアイテムを手元に揃えておくのはもちろん、身支度などをしっかり整えておきましょう。


油性クリームを塗る

白髪染めは肌についてしまうとなかなか落とすことができません。

そのため、地肌への色の定着の予防に、油性のクリームをおでこや耳周り、フェイスラインなどに塗っておきます。

油性クリームを塗っておくと、万一薬剤が肌についても、通常より簡単に洗い流すことが可能になります。


手袋の袖口に輪ゴムをつける

白髪染めには、たいていの場合ビニール製の手袋が付属しています。

薬剤が手につくのを防ぐために便利なアイテムですが、ビニール製の軽い手袋なので、使用中にはずれてしまう可能性があります。

そのため、手袋をはめた後は、手首のところに輪ゴムを通し、しっかり固定しておきましょう。


アクセサリー類ははずし、メガネにはラップを巻く

白髪染めの前には、イヤリングやネックレス、ピアスなど、顔周りにつけているアクセサリーは、色移り防止のためにすべてはずします。

ただ、視力矯正のためにメガネをかけている人は、メガネをはずすわけにいかないので、汚れ防止のためにつるの部分にラップを巻くとよいでしょう。


ケープなど、前開きの衣類を着用する

白髪染めを使用した後は、そのまま洗髪に入ります。

そのため、頭を通さなくても脱げるような前開きの衣類を着用します。

もちろん、汚れ防止のために、専用のケープや汚れてもいい衣類を選ぶようにしましょう。

ステップ1.染料剤を作る

白髪染めの1剤と2剤を混ぜ合わせ、染料剤を作ります。

染料剤を作るときでも、必ず手袋は着用しましょう。

また、白髪染めは作り置きできないので、必ず使用直前に混ぜ合わせるようにします。

クリームタイプの場合も、他の白髪染め同様、1剤と2剤を混ぜ合わせるのですが、液状ではないため、受け皿の上にクリームを出して作ります。

説明書の記載通りの分量を受け皿の上に出したら、付属のブラシでよく混ぜ合わせます。色がしっかり混ざり、均一になったらできあがりです。

ステップ2.髪に染料を塗布する

生え際に塗る

クリームができあがったら、専用のブラシで髪に塗布していきます。

ブラシにクリームを取り、新しく生えてきた部分になでるように塗布します。

ブラシはななめに寝かせ、前回染めた部分の境界線までムラなく塗っていきます。

次に、分け目を中心にして左右ともに塗っていきます。

つむじ近くの分け目はやや下向き加減にしないと確認できないので、あごを引いて鏡に映るように調整しましょう。

ここまで塗ったら、いったん塗るのをやめ、少し時間を置きます。

リタッチが目的の場合は、新しく生えてきた部分のみを重点的に染めるので、生え際を塗り終わった時点で一定の放置時間を取るのがポイントとなります。

前髪、サイドラインに伸ばしていく

リタッチ部分の放置時間が過ぎたら、前回染めた部分を軽く染めていきます。

前髪やサイドラインは、ブラシの先で分け目を作りながら、内部にまでクリームが行き渡るようにします。

えり足、後頭部に伸ばしていく

耳の後ろやえり足も、表面だけでなく、内部にまでクリームを塗っていきます。

上になる髪はその都度持ち上げ、下の髪の邪魔にならないようにします。

後頭部は上下にブロッキングし、まずは下になる部分を塗り、その後、上の髪を下ろして上から塗布していきます。

ステップ3.所定の時間だけ放置する

リタッチ部分にもう一度塗る

付属のブラシでもう一度全体をとかし、クリームがすきまなくなじむようにします。

リタッチ部分は特に需要なので、一通りとかした後、最後に再びクリームをつけておきましょう。

塗りおえたら、しばらく待つ

クリームを塗りおえたら、しばらく時間を置きます。

と言っても、リタッチの場合、他の部位はそれほど強く染める必要はないので、さほど長く放置する必要はありません。

放置する時間は気温や髪質によって変わってきますので、リタッチの時は特に注意しましょう。

ステップ4.シャンプーで洗い流す

すすぎはしっかりと

一連の作業を終えたら、ぬるま湯でクリームを落としていきます。

最初にぬるま湯で洗い流すと、次のステップのシャンプーの泡立ちが良くなるだけでなく、クリームを残さずにしっかり洗い落とせるようになります。

逆に、すすぎを怠るとクリーム残留の原因になります。念には念を入れるくらいでしっかりすすいでいきましょう。

シャンプーは2度洗い

シャンプーは色移りや肌トラブルを防ぐため、2回行います。

たっぷり泡立てたら、髪をこすらないよう、優しくゆっくり洗っていきます。

特に白髪染め後は髪が傷みやすい状態になっているので、力任せにこすってしまうと髪のパサつきや切れ毛を引き起こす可能性もあるので注意しましょう。

シャンプーの後は、ヘアカラー用のコンディショナーとトリートメントで髪を優しくいたわります。

洗髪後の髪の扱いも優しく

濡れた髪を拭くときは、タオルで押さえるように水分を吸い取っていきます。

無理にタオルをこすりつけると摩擦で髪が傷みますので気をつけましょう。

タオルで髪をはさむように持ち、外側から叩くようにすると刺激を与えずに水分を拭き取ることができます。

PAGE TOP
人気1位 利尻ヘアカラートリートメント 人気2位 レフィーネ 人気3位
RKヘアカラートリートメント レフィーネ ピュアハーバルヘアカラー100
白髪染めの基礎知識
白髪染めの種類
白髪染めの選び方
色・カラーの選び方
白髪染めは安全?
白髪染めのしくみ
白髪染めの実践
白髪染めの前に揃えるもの
パッチテストを必ずしよう
白髪染めのカラーガイド
部分染めと全体染め 使い分け
白髪染め後のシャンプー
生え際の白髪染め
男性の白髪染め
白髪染めの手順
スムーズコームタイプ
クシ型ノズルタイプ
ノズルタイプ
ワンプッシュタイプ
クリームタイプ
白髪のQ&A
白髪の原因は?
白髪の予防方法は?
白髪は抜くと増える?
白髪染めは髪を傷める?
妊娠中の白髪染めは大丈夫?
白髪染めは肝臓を痛めるの?
白髪に効くツボは?
製品一覧
利尻ヘアカラートリートメント
レフィーネ
ルプルプ
モーニング・レフィーネ
くろめヘアカラートリートメント
エフキュア
ピュアハーバル100
サンカラーマックス
黒耀
螺髪
カラー・ド・ボーテ
いつまでも黒髪サプリ
髪精丸α
サイト案内
お問い合わせ