部分染めと全体染めを使い分ける

髪や頭皮に負担をかけずに白髪を染めるには、部分染めと全体染めの使い分けがポイントとなります。

白髪染め口コミランキング

部分染めと全体染めを使い分ける

白髪染めは定期的に使用するものですが、あまり間隔を置かずに使用すると髪や頭皮に負担がかかってしまいます。

通常、白髪染めを行った後は、数ヶ月間のクールダウン期間を置きたいものです。

しかし、髪はその間にもどんどん伸びてきて、根本の部分が白髪で白く浮き上がってしまうことも。

そんな時は、頭髪全体を染める全体染めと、局所的に染める部分染めを使い分けることが上手な白髪染めのポイントとなります。

どうやって使い分けたらいいの?

全体染めは頭髪全体に白髪が見られる場合、一気に染めてしまえる効率のよい方法です。

しかし、新しく生えてきた部分だけを染めたい場合、全体染めを使ってしまうと前回染めた部分に大きな負担がかかってしまいます。

そこで、全体染めと部分染めの使い分けを行います。

まずは、全体染めで頭髪全体に散らばる白髪を一気に染め上げてしまいます。

その後、新しく髪が伸び、生え際が気になり始めたら、部分染めで生え際のみをリタッチします。

前回染めた部分にはタッチしないので、髪への負担を最小限にとどめることができます。

全体染めの持続期間は約2〜3ヶ月が目安となっているので、その間、大体2〜3回にわけて部分染めを繰り返すとよいでしょう。

もちろん、生え際だけでなく、全体染めでは染まりきらなかった部位や、色ムラが気になる部位にも、部分染めが有効となります。

全体染めにぴったりの白髪染め

全体染めの場合、塗るのに時間がかかってしまうと、最初に塗った部分と後に塗った部分とで放置時間が大きく異なってしまい、色ムラができてしまう可能性があります。

そのため、全体染めには、なじみやすい乳液タイプや液状ジェルタイプがおすすめです。

使い方はメーカーごとに異なりますが、一般的には、ノズルから出した液を手に取り、髪全体になじませていく方法と、ブラシに薬剤を取ってとかすようにしてなじませる方法の2種類がメインとなっています。

現在はシャンプーのように泡立てて使う白髪染めも販売されており、色ムラができにくいことで人気を集めています。

部分染めに適した白髪染め

一方、部分染めに適した白髪染めのタイプは、液だれしにくいクリームタイプです。

部分染めの場合、気になる部位だけ染めるのが目的なので、液だれする乳液やジェルタイプだと、部分染めの意味がなくなってしまいます。

その点、クリームタイプは一度塗布すると髪に絡みつき、たれることがないので生え際などのリタッチに最適です。

全体染めは液状タイプを使っている人も、部分染めにはクリームタイプを購入することをおすすめします。

PAGE TOP
人気1位 利尻ヘアカラートリートメント 人気2位 レフィーネ 人気3位
RKヘアカラートリートメント レフィーネ ピュアハーバルヘアカラー100
白髪染めの基礎知識
白髪染めの種類
白髪染めの選び方
色・カラーの選び方
白髪染めは安全?
白髪染めのしくみ
白髪染めの実践
白髪染めの前に揃えるもの
パッチテストを必ずしよう
白髪染めのカラーガイド
部分染めと全体染め 使い分け
白髪染め後のシャンプー
生え際の白髪染め
男性の白髪染め
白髪染めの手順
スムーズコームタイプ
クシ型ノズルタイプ
ノズルタイプ
ワンプッシュタイプ
クリームタイプ
白髪のQ&A
白髪の原因は?
白髪の予防方法は?
白髪は抜くと増える?
白髪染めは髪を傷める?
妊娠中の白髪染めは大丈夫?
白髪染めは肝臓を痛めるの?
白髪に効くツボは?
製品一覧
利尻ヘアカラートリートメント
レフィーネ
ルプルプ
モーニング・レフィーネ
くろめヘアカラートリートメント
エフキュア
ピュアハーバル100
サンカラーマックス
黒耀
螺髪
カラー・ド・ボーテ
いつまでも黒髪サプリ
髪精丸α
サイト案内
お問い合わせ