白髪染めの前に揃えるもの

白髪染めを使用するには、白髪染め本体の他に、自分で用意する必要のあるアイテムがいくつか存在します。

白髪染め口コミランキング

白髪染めの前に揃えるもの

白髪染めを使用するには、白髪染め本体の他に、自分で用意する必要のあるアイテムがいくつか存在します。

白髪染めをしている最中は動きづらいですし、染料が手についた状態ではあちこち物を探し回ることもできないので、必要なものは事前にすべて手元に用意しておきましょう。

白髪染めに必要なアイテム

  • 白髪染め本体(ヘアカラー、ヘアマニキュアなど。ヘアカラーの場合、事前のパッチテストが必須)
  • ティッシュペーパー
  • 新聞紙など、床に敷く物
  • 鏡(スタンド式のもの)
  • タオル
  • 時計
  • 手袋(白髪染めに添付されている場合が多い)
  • 輪ゴム(手袋を止める際に使用)
  • 前開きの衣類(ケープなど頭を通さずに着脱できる衣類)
  • 油性クリーム(額や生え際など、染料がつきやすそうな場所に塗る)
  • コームや目の粗いくし

白髪染め使用前の下準備

ヘア

事前にブラッシングし、ある程度の汚れを落としながら、くし通りを良くしておきます。スタイリング剤を使用している人は落としておきましょう。

また、ロングヘアの人はゴムやクリップなどで髪全体をいくつかのブロックにわけておきます(ブロッキング)。

肌の保護

白髪染めの染料が肌に直接つくと、なかなか落ちにくくなります。

そのため、白髪染めを使用する前に、油性のクリームを耳まわりや額、生え際、フェイスラインなど、染料がつきやすいと思われる場所に塗布しておきます。

こうすると、染料がついても後で洗い流しやすくなります。

ただ、染料が肌についた場合は、すぐにティッシュペーパーやタオルなどで拭き取るように心がけましょう。

身支度を行う

白髪染めを塗り終わった後は、そのまま洗髪するようになります。

そのため、頭を通さなくても着脱できる前開きの衣類を着用します。

染料がつくときれいに落とすことは難しいので、汚れてもよいものを選ぶようにします。

また、同様の理由で、イヤリングやネックレスなど、アクセサリー類ははずしておきます。

ケープだけだと首回りのガードが不十分なので、タオルをぐるりと巻き、首元や肩を保護しておくようにしましょう。

PAGE TOP
人気1位 利尻ヘアカラートリートメント 人気2位 レフィーネ 人気3位
RKヘアカラートリートメント レフィーネ ピュアハーバルヘアカラー100
白髪染めの基礎知識
白髪染めの種類
白髪染めの選び方
色・カラーの選び方
白髪染めは安全?
白髪染めのしくみ
白髪染めの実践
白髪染めの前に揃えるもの
パッチテストを必ずしよう
白髪染めのカラーガイド
部分染めと全体染め 使い分け
白髪染め後のシャンプー
生え際の白髪染め
男性の白髪染め
白髪染めの手順
スムーズコームタイプ
クシ型ノズルタイプ
ノズルタイプ
ワンプッシュタイプ
クリームタイプ
白髪のQ&A
白髪の原因は?
白髪の予防方法は?
白髪は抜くと増える?
白髪染めは髪を傷める?
妊娠中の白髪染めは大丈夫?
白髪染めは肝臓を痛めるの?
白髪に効くツボは?
製品一覧
利尻ヘアカラートリートメント
レフィーネ
ルプルプ
モーニング・レフィーネ
くろめヘアカラートリートメント
エフキュア
ピュアハーバル100
サンカラーマックス
黒耀
螺髪
カラー・ド・ボーテ
いつまでも黒髪サプリ
髪精丸α
サイト案内
お問い合わせ