パッチテストを必ずしよう

パッチテストとは、これから使用する白髪染めによって、自分の体がアレルギー反応を起こしたりしないかどうかをチェックするための皮膚テストのことです。

白髪染め口コミランキング

パッチテストを必ずしよう

白髪染めの前に、必ず行わなければならないのがパッチテストです。

パッチテストとは、これから使用する白髪染めによって、自分の体がアレルギー反応を起こしたりしないかどうかをチェックするための皮膚テストのことです。

白髪染めは、自分に合わないものを使用すると、肌のかぶれや湿疹を起こしたりするだけでなく、最悪の場合、呼吸困難などを引き起こすおそれもあります。

このようなアレルギー症状を事前に予防するために、パッチテストは必ず実施するようにしましょう。

また、たとえ同じ白髪染めを使い続けていても、体調などによって肌トラブルを起こす可能性があるので、パッチテストはどんな場合でも必ず行う必要があります。

以下では、パッチテストの具体的な方法について、順を追って説明します。

パッチテストの方法

手順1.テスト剤を作る

白髪染めの1剤と2剤を少量ずつ混ぜ、テスト剤を作ります。

薬剤の分量は白髪染めの取扱説明書に記載されているので、規定の分量をきちんと守りましょう。

また、テスト剤は小皿などにわけ、綿棒で混ぜるようにします。

パッチテストの結果が出るまでには48時間かかるので、誤って1剤と2剤を丸ごと混ぜてしまうと、テスト後の本番に使用できなくなってしまうので注意しましょう。

手順2.テスト剤を腕に塗布する

できあがったテスト剤を肌の内側にうすく塗ります。

塗る場所については、赤味を帯びても目立たず、かつ皮膚の柔らかい部分が適しているので、二の腕の内側部分が一般的です。

塗る範囲は広範囲である必要はなく、コイン大くらいでOKです。

その後、自然に乾燥させますが、塗りすぎて30分経っても乾かない場合は、ティッシュペーパーなどで軽く抑えるように拭き取りましょう。

手順3. 48時間放置する

テスト剤を塗った部分に極力触れないようにし、そのまま48時間放置します。

その間の定期チェックに関しては、少なくともテスト剤を塗布して30分後と、48時間経過後の最低2回は行うようにしましょう。

この際、肌に赤味を帯びていないか、かぶれや湿疹、かゆみ、水疱、ヒリヒリ感などの刺激がないかをチェックします。

もしテスト部位に異常が見られた場合は、患部には触れず、水などで洗い流した後、必要であれば医師の診断を受けるようにしましょう。

もちろん、異常が見られた白髪染めの使用は避けるようにします。

手順4.異常が見られなかった場合、白髪染めを使用する

48時間経過後、テスト部位に異常が見られなかった場合は、そのまま白髪染めを使用します。

パッチテスト後に時間を空けてしまうと、体調の変化により、アレルギー症状を起こしてしまう場合があります。

せっかくのパッチテストも無駄になってしまうので、48時間経過後は、すみやかに白髪染めを使用するようにしましょう。

また、待つのが面倒だからと、途中でパッチテストを中止し、勝手に白髪染めを使用してしまうと、肌トラブルの原因となります。

パッチテストは必ず最後までやり遂げ、皮膚に問題がないかどうか確認してから終了するようにしましょう。

PAGE TOP
人気1位 利尻ヘアカラートリートメント 人気2位 レフィーネ 人気3位
RKヘアカラートリートメント レフィーネ ピュアハーバルヘアカラー100
白髪染めの基礎知識
白髪染めの種類
白髪染めの選び方
色・カラーの選び方
白髪染めは安全?
白髪染めのしくみ
白髪染めの実践
白髪染めの前に揃えるもの
パッチテストを必ずしよう
白髪染めのカラーガイド
部分染めと全体染め 使い分け
白髪染め後のシャンプー
生え際の白髪染め
男性の白髪染め
白髪染めの手順
スムーズコームタイプ
クシ型ノズルタイプ
ノズルタイプ
ワンプッシュタイプ
クリームタイプ
白髪のQ&A
白髪の原因は?
白髪の予防方法は?
白髪は抜くと増える?
白髪染めは髪を傷める?
妊娠中の白髪染めは大丈夫?
白髪染めは肝臓を痛めるの?
白髪に効くツボは?
製品一覧
利尻ヘアカラートリートメント
レフィーネ
ルプルプ
モーニング・レフィーネ
くろめヘアカラートリートメント
エフキュア
ピュアハーバル100
サンカラーマックス
黒耀
螺髪
カラー・ド・ボーテ
いつまでも黒髪サプリ
髪精丸α
サイト案内
お問い合わせ