白髪染めの種類

白髪を目立たなくするための白髪染めには、いくつかの種類があります。

白髪染め口コミランキング

白髪染めの種類

白髪を目立たなくするための白髪染めには、いくつかの種類があります。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、白髪染めを使用する際は、種類ごとの特徴を知った上で選ぶことをおすすめします。

ここでは、白髪染めの種類とその特徴を紹介します。

ヘアカラー

白髪染めとして最もスタンダードな種類です。

一般的には1剤と2剤を混ぜ合わせて使うものが多く、その種類もクリーム、ジェル、液状などさまざまあります。

1剤には染毛剤が、2剤には過酸化水素が入っており、混ぜ合わせると酸化染料が完成します。

酸化染料は、髪の内部にあるメラニン色素のブリーチ(脱色)を行った後、染料を髪の内部に染みこませ、発色させる作用があります。

染毛度が高く、また、効果の持続時間も長いことから『永久染毛剤』とも呼ばれています。

ただし、新しく伸びてきた分を染め直すことを考えると、効果は約2〜3ヶ月といったところでしょう。

白髪をしっかり染めたい人や、効果を長持ちさせたい人向けの白髪染めですが、一方で、頭皮に対して刺激が強く、肌の弱い人は肌荒れを起こす可能性があります。

ヘアマニキュア

ヘアカラーと響きが似ているため、混同される場合も多いのですが、ヘアカラーとヘアマニキュアでは基本的な働きが異なります。

ヘアカラーの場合、脱色して髪の内部に染料を浸透させることで発色させますが、ヘアマニキュアは脱色はせず、髪の表面に染料を染みこませることによって発色させる仕組みになっています。

ヘアカラーに比べると刺激が少なく、髪や頭皮が傷みにくい上、表面がコーティングされるので、髪にきれいなツヤが出るところが特徴です。

しかし、内部に染料を染みこませない分、ヘアカラーほどの染毛力はなく、また、効果も約1ヶ月程度と、あまり持続しないところが欠点です。

ヘアカラーで肌トラブルを起こした人や、髪の傷みが気になる人にはヘアマニキュアがおすすめです。

一時染め

その名の通り、一時的に染めるタイプの白髪染めです。

スプレータイプやスティックタイプのものが多く、ヘアカラーやヘアマニキュア後のリタッチにもよく用いられます。

染めるというより表面に色を塗る感じなので、シャンプーで洗い流せばすぐに色が落ちます。

とりあえずの応急処置やリタッチ用に最適で、頭皮や髪への負担もほとんどありませんが、効果を持続させたい人には向かないタイプと言えるでしょう。

人気1位 利尻ヘアカラートリートメント 人気2位 レフィーネ 人気3位
RKヘアカラートリートメント レフィーネ ピュアハーバルヘアカラー100
白髪染めの基礎知識
白髪染めの種類
白髪染めの選び方
色・カラーの選び方
白髪染めは安全?
白髪染めのしくみ
白髪染めの実践
白髪染めの前に揃えるもの
パッチテストを必ずしよう
白髪染めのカラーガイド
部分染めと全体染め 使い分け
白髪染め後のシャンプー
生え際の白髪染め
男性の白髪染め
白髪染めの手順
スムーズコームタイプ
クシ型ノズルタイプ
ノズルタイプ
ワンプッシュタイプ
クリームタイプ
白髪のQ&A
白髪の原因は?
白髪の予防方法は?
白髪は抜くと増える?
白髪染めは髪を傷める?
妊娠中の白髪染めは大丈夫?
白髪染めは肝臓を痛めるの?
白髪に効くツボは?
製品一覧
利尻ヘアカラートリートメント
レフィーネ
ルプルプ
モーニング・レフィーネ
くろめヘアカラートリートメント
エフキュア
ピュアハーバル100
サンカラーマックス
黒耀
螺髪
カラー・ド・ボーテ
いつまでも黒髪サプリ
髪精丸α
サイト案内
お問い合わせ