白髪染めは安全?

白髪を手軽に染められることで人気の白髪染めですが、気になる安全性についてはどうなのでしょうか?

白髪染め口コミランキング

白髪染めは安全?

白髪染めは気になる白髪を手軽に染められる方法として、多くの人が使用しているヘアケア商品です。

その人気の高さは店頭の白髪染めコーナーにずらりと並ぶ白髪染め商品の数々を見るだけでも伺い知ることができます。

特に最近は、白髪を目立たなくするという本来の目的に加え、ファッション性を重視したものも多く、カラーバリエーションも豊富になっています。

白髪が気になる人、特に女性にとってはこうした白髪染めの進歩は嬉しいことですが、その一方で、常に問題点として挙げられているのが『白髪染めの安全性』です。

白髪染めによる髪・肌トラブル

白髪染めを使ったら、髪や頭皮が傷んだという経験はないでしょうか?

白髪染めに含まれている成分の中には、有刺激性成分が含まれている場合があり、特に肌の弱い人が使用すると、かぶれや湿疹をともなう可能性が高くなっています。

また、頭皮に異常はなくても、白髪染めを繰り返し使っていたら髪がパサついてきたという声は非常に多くなっています。

白髪染めを愛用する人にとって、これらの症状はまったく悩ましいところですが、真に気をつけなければならないのはアレルギーの問題です。

市販の白髪染めの中には『パラフェニレンジアミン』と呼ばれる成分が含まれているものが存在します。

このパラフェニレンジアミンを配合した白髪染めを、アレルギー体質の人が使用すると、頭皮のかぶれや赤味を発症するおそれがあります。

さらにひどくなると、咳が止まらない、呼吸困難に陥るなど、体調不良を引き起こす可能性も指摘されています。

使用前には必ずパッチテストを

白髪染めによるアレルギー症状を予防するには、白髪染めの使用前にパッチテストを行う必要があります。

パッチテストとは、腕の内側などに薬剤を少量塗布し、48時間放置することで、かぶれや湿疹が起こらないかどうかをチェックするテストのことです。

もし48時間以内に赤味を帯びたりかぶれたりした場合は、アレルギーを起こす可能性が非常に高いので、その白髪染めの使用は控えた方がよいでしょう。

アレルギー症状の有無はもともとの体質のみならず、体調によっても若干左右されるので、たとえ同じ白髪染めを使い続けていても、必ず毎回パッチテストを行うことをおすすめします。

アレルギー体質の人に適した白髪染めとは?

市販の白髪染めでパッチテストを行った結果、アレルギー反応が出てしまった人は、どんな白髪染めを選べばよいのでしょうか。

近年では、白髪染めによる肌や髪のトラブルが絶えないことを受けて、多くのメーカーが天然由来成分配合の白髪染めを作り始めています。

たとえば、ヘナと呼ばれる植物由来の天然染料を用いた白髪染めは、肌や髪に低刺激で、アレルギーを起こしにくいことから、敏感肌の人から高い支持を受けるようになっています。

アレルギー体質の人でなくても、髪や肌に傷みを感じる人は、天然成分で作られた白髪染めを使用した方が、トラブルの予防に効果的と言えるでしょう。

PAGE TOP
人気1位 利尻ヘアカラートリートメント 人気2位 レフィーネ 人気3位
RKヘアカラートリートメント レフィーネ ピュアハーバルヘアカラー100
白髪染めの基礎知識
白髪染めの種類
白髪染めの選び方
色・カラーの選び方
白髪染めは安全?
白髪染めのしくみ
白髪染めの実践
白髪染めの前に揃えるもの
パッチテストを必ずしよう
白髪染めのカラーガイド
部分染めと全体染め 使い分け
白髪染め後のシャンプー
生え際の白髪染め
男性の白髪染め
白髪染めの手順
スムーズコームタイプ
クシ型ノズルタイプ
ノズルタイプ
ワンプッシュタイプ
クリームタイプ
白髪のQ&A
白髪の原因は?
白髪の予防方法は?
白髪は抜くと増える?
白髪染めは髪を傷める?
妊娠中の白髪染めは大丈夫?
白髪染めは肝臓を痛めるの?
白髪に効くツボは?
製品一覧
利尻ヘアカラートリートメント
レフィーネ
ルプルプ
モーニング・レフィーネ
くろめヘアカラートリートメント
エフキュア
ピュアハーバル100
サンカラーマックス
黒耀
螺髪
カラー・ド・ボーテ
いつまでも黒髪サプリ
髪精丸α
サイト案内
お問い合わせ