色・カラーの選び方

白髪染めの色選びは、仕上がりを左右するとても重要なポイントです。

白髪染め口コミランキング

色・カラーの選び方

白髪染めの色選びは、仕上がりを左右するとても重要なポイントです。

昔は白髪染めというととにかく真っ黒に染めるだけのものでしたが、近年の白髪染めは、ただ白髪を目立たなくさせるだけでなく、ファッション性を重視したものが大半を占めています。

それにともない、カラーバリエーションも豊富になり、同じメーカーの白髪染めでも色違いというだけで数種類に渡るものもあります。

どの色を選べば良いのかについては、もちろん自分の好みのものが一番です。

ただし、髪質や白髪の量によっては、メーカーが提示している色と異なった色合いになってしまうこともあります。

ここでは、髪質や白髪の量が色選びに与える影響について説明していきます。

髪質による色の変化

同じ色の同じ白髪染めを使っても、髪質の細い人と太い人では染まり方が異なります。

一般的に、髪が細く、柔らかい軟毛の人は着色度が強く、髪が太く、かたい硬毛の人は、着色度が弱い傾向にあります。

そのため、明るめの色を選ぶ場合、軟毛の人はメーカー側が提示しているイメージのままに購入してかまいませんが、硬毛の人は一段階明るめの色を選ぶと失敗が少なくて済みます。

あるいは、髪に塗布してからの放置時間を心持ち長め(5分程度)に取ると、しっかりと発色するようになります。

ただ、放置時間をあまり長く取りすぎると、硬毛の人でも色が明るくなりすぎたり、頭皮を傷めたりする可能性がありますので、規定の時間を大幅に超えた使用は避けるようにしましょう。

白髪の量による色の変化

白髪と黒髪では、カラーリングの仕上がりに差が出ます。

もともと黒い髪に色を足すのと、白い髪に色を足すのとでは、結果が違うのは当然ですね。

そのため、白髪の量が多いか少ないかによって、全体的な仕上がりのイメージはがらっと変わってきます。

一般的に、白髪が多い人は全体の仕上がりも明るめになり、逆に白髪が少なく、黒髪の多い人は暗めの仕上がりとなります。

よって、白髪が多い人は、希望通りの色か、あるいは1段階暗めのタイプを。白髪の少ない人は、希望の色の1段階明るめのタイプを選ぶと自分の理想と大きくかけ離れずに済むでしょう。

人気1位 利尻ヘアカラートリートメント 人気2位 レフィーネ 人気3位
RKヘアカラートリートメント レフィーネ ピュアハーバルヘアカラー100
白髪染めの基礎知識
白髪染めの種類
白髪染めの選び方
色・カラーの選び方
白髪染めは安全?
白髪染めのしくみ
白髪染めの実践
白髪染めの前に揃えるもの
パッチテストを必ずしよう
白髪染めのカラーガイド
部分染めと全体染め 使い分け
白髪染め後のシャンプー
生え際の白髪染め
男性の白髪染め
白髪染めの手順
スムーズコームタイプ
クシ型ノズルタイプ
ノズルタイプ
ワンプッシュタイプ
クリームタイプ
白髪のQ&A
白髪の原因は?
白髪の予防方法は?
白髪は抜くと増える?
白髪染めは髪を傷める?
妊娠中の白髪染めは大丈夫?
白髪染めは肝臓を痛めるの?
白髪に効くツボは?
製品一覧
利尻ヘアカラートリートメント
レフィーネ
ルプルプ
モーニング・レフィーネ
くろめヘアカラートリートメント
エフキュア
ピュアハーバル100
サンカラーマックス
黒耀
螺髪
カラー・ド・ボーテ
いつまでも黒髪サプリ
髪精丸α
サイト案内
お問い合わせ